介護職員初任者研修講座受講生募集中!開講キャンペーン特別価格で受講できます。埼玉県熊谷市のプラスタ福祉カレッジ

新着情報

2016.11.03

インデグレーション

介護が必要になった人や障害を持った人が、地域会社で生活できるよう 援助したり 問題解決にあたること。

2016.11.03

遂行機能障害(高次脳機能障害)

生活に必要なことがらを整理して、処理・解釈する事が困難になる。 (企画、計画、実施、確認の一連の作業速度が遅くなったり、行える量が 少なくなったりする症状が出る。)

2016.10.28

注意障害(高次脳機能障害)

気が散りやすく、疲れやすいために一つの事を集中して行う事が出来なくなる障害の事。 また、多くの事がらの中から注意して選択する事も困難になる。

2016.09.16

介護職員初任者研修日曜コースが開講しました

介護職員初任者研修⑩日曜コースが開講しました。 皆さん介護の仕事に就かれている方で、資格が欲しいという方です。 15回の講義で、基礎から学んで自信を持って実践に活かして下さい。...

2016.09.16

介護福祉士実務者研修6月生コース

介護福祉士実務者6月生のスクーリングが始まりました。 このコースを受講されている方は、平成29年の1月29日の介護福祉士国家試験を受ける人がほとんどです。 皆さん、真剣に受講さ...

2016.07.08

失認症(高次脳機能障害)

見る・聞く・触る等の感覚機能に問題が無いのに、対象物が何であるのかハッキリ認知できなくなる障害の事。 視力に問題はないのに、絵や物体を見て認識出来ない、親しい人の顔がわからなくな...

2016.07.08

老人性円背(エンパイ)

加齢が原因となって、背骨すなわち脊椎(せきつい)のうちの胸椎部の後方への 湾曲が極端に大きくなっている状態。 老人性猫背とも呼ばれる。

2016.07.08

半側空間無視

視空間の障害で、見ている片側(多くは左側)を見落とす障害の事。 そのため、見ている空間を移動すれば、見落としてしまう空間も絶えず変化し 例えば左側を無視するために、歩いていると...

2016.07.03

疥癬(かいせん)

ダニの一種である。ヒゼンダニが人間の皮膚へ寄生することによって起こる病気。 ダニは、人体から離れて24時間程で死滅する。 医師の指示のもと治療すれば、1~2週間程で終息する。

2016.07.03

介護福祉士実務者研修 第2期生(6月コース)開講しました

6月1日(水)介護福祉士実務者研修 第2期生(6月コース)開講しました。 今回もたくさんの方にお申し込みを頂きましてありがとうございました。 定員いっぱいで開講しました。 来...

2016.07.03

失行症

普段、何気なく行っている動作や行為について、何をするのか理解しているのに その動作や行為を行う事が出来なくなる障害。(例えば、衣服を上手に着る行為だけが 困難になったり、三次元...

2016.06.27

高次脳機能障害

脳の認識機能に関連する中枢が損傷された事により、思考・言語・記憶・行為・学習・注意 などの高次な精神機能に障害が起こる事。

2016.06.27

構音障害

口や鼻、歯など発声発語器官の形や動きの障害により、発声や発音が出来ない状態の事で 原因は麻痺などの運動機能の障害によるもの、口蓋裂などの形態異常によるもの、聴覚障害による もの...

2016.06.27

失語症

大脳の言語野が損傷を受けることにより、言葉を組み立てて話したり、聞いて理解する事が困難になるもの。 読み書きに障害が起きることもある。

2016.06.15

加齢黄斑変性

網膜の中心部にある黄斑には、視力・色覚の機能を担う細胞が集まっている。 この黄斑が変性し、新生血管が発生して網膜の下や硝子体に出血を起こす疾患の事。

2016.06.15

ビタミンD

今日の教室 先生の一言 皆さん、積極的に参加されました。 今日の用語 『ビタミンD』 太陽光を浴びることで、およそ必要な分の半分の量をまかなっている。 不足すると骨や歯...

2016.06.12

人権

今日の教室 先生の一言 皆さん、講義に集中されていました。 今日の用語 『人権』 人として当たり前に持っているもの。 しかし、自分の人権ばかり主張してしまうと、他人の人...

2016.06.12

便秘

今日の教室 先生の一言 皆さん、積極的に参加されました。 今日の用語 『便秘』 明確な定義が無く、学会や国によって違う。 症状が思考の主観によるため、定義化が難しい為だ...

2016.06.12

糖尿病網膜症

今日の教室 先生の一言 今日の用語 『糖尿病網膜症』 糖尿病の合併症としてよくみられる疾患です。 網膜出血や硝子体出血を繰り返して、視力低下が起こります。硝子体が濁るため...

このページの先頭へ