介護職員初任者研修講座受講生募集中!開講キャンペーン特別価格で受講できます。埼玉県熊谷市のプラスタ福祉カレッジ

新着情報

2017.03.22

記憶障害

認知機能の1つで、情報が頭に入り(記銘)・記銘された情報が脳内にためられ(保持)・必要に応じて取り出される(想起)」 という過程から成り立っている。 貯蔵時間による分類と記憶内...

2017.03.11

近代自然法思想

人間が定めた法の上に、人間の自然(本性)である理性に基づく法が 存在するという考え方。

2017.03.11

ICFの構成要素について

人間の生活機能と障害に関する状況を記述する事を目的とした分類を”ICF”と言う。 その構成要素を大別すると、”健康状態”、”生活機能”、”背景因子”の三つに構成されている。 そ...

2017.03.09

落屑(らくせつ)

乾燥した皮膚がボロボロ落ちること。 冬場 高齢者に多く見られる。 命に関わる問題ではないが、ダニの餌となり不衛生である。

2017.03.09

入浴ケア

入浴行為の援助は、単なる身体洗浄ではなく、日本的な入浴習慣を守るものでなくてはならない。

2017.03.04

ノロウイルス

毎年11~1月に流行する感染症胃腸炎の原因となるウィルス。 人の手指や食品などを介して感染し、嘔吐・下痢・腹痛を引き起こす。 感染すると1・2日で症状が出る。 感染者の吐物や...

2017.03.04

移乗動作(トランスファー)

介護を受ける対象者が、ベッドから車椅子・車椅子から椅子・椅子から便器の間を移る などの乗り移り動作の事であり、移乗動作の要素には、本人の状態及び能力・介護者の能力・ 福祉用具類...

2017.03.04

陰性感情(その3)

だから、ケアサービス提供者が陰性感情を持ちながら、対象者にケアを提供するという矛盾した 状況におかれると、意図したケアが実践できない不全感、、社会的要請に応えていない事から 派...

2017.02.26

陰性感情(その2)

陰性感情は、怒りや不安・嫌悪感・不快感・恐怖感・抗うつ・自責感などが含まれているから、 特にケア場面においては、ケアサービス提供者が対象者及びその関係者との相互行為や コミュニ...

2017.02.26

環境

ヒトなどをとりまく外界の事。 私達介護を行う者も、その人に影響を与える環境の一部である事を意識する事が必要である。

2017.01.27

身体構造(循環器系)

身体の各組織に酸素及び栄養素を運搬し、体内の各部で生じた分解産物=老廃物を肺と腎臓に 運ぶ働きをしている器官の事。 心臓を中心とし、血管系とリンパ系によりなる。

2017.01.27

発達障害者支援法

「自閉症・アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害・学習障害・注意欠陥多動性障害その他 これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢で発現するもの」と定義された 発達...

2017.01.26

陰性感情(その1)

人間の経験する様々な感情は、主観的に好ましい愛情・好感・信頼などの肯定的な 特徴を持つ陽性感情と、好ましくない嫌悪・怒り・憎しみ・不信感などの否定的な 特徴を持つ陰性感情に分類...

2017.01.26

ノーマライゼーション

ノーマル=普通=たとえ障害があったとしても、環境や支援を整えて 私たちと同じ社会の一員として 生活する事が出来る。

2017.01.15

アクティビティ

日常用語としては、活気・活動と言ったことを意味するが、医療・保健・福祉などの分野においては 適度な運動や遊び活動などと言った、心身の活性化のための様々な活動の総称を指す。

2017.01.15

介護職員初任者研修⑭コース開講しました

介護職員初任者研修(火・木コース)が開講しました。 緊張されている受講生の皆さん、講師の先生が 親切丁寧に基礎から教えてくださいますので 安心してください。 質問などあり...

2017.01.15

運動性失語症

他人の話すことは理解出来るが、自分の思っていることは言語にできない状態。

2016.12.02

市町村特別給付

介護保険サービスとは別に、市町村が独自に必要と認めたサービス。 配給サービスや紙おむつの支給など。

2016.12.02

チェーン・オブ・サバイバル

状況が切迫している人に対して、心臓と呼吸の回復可能な時間内に行うことで 救命ができるゴールデンタイムを、救命の連鎖(チェーン・オブ・サバイバル)と いいます。 心停止の予防・...

2016.11.30

たんぱく質エネルギー低栄養状態

たんぱく質やエネルギーが継続的に不足している状態。 判断基準:たんぱく質の栄養状態を把握する血清アルブミン値→3.5mg/㎗以外 エネルギー面では、体重の減少率が1年間で5%以...

このページの先頭へ