介護職員初任者研修講座受講生募集中!開講キャンペーン特別価格で受講できます。埼玉県熊谷市のプラスタ福祉カレッジ

プラスタ福祉カレッジからのお知らせ

上がり框(あがりかまち)

玄関や勝手口などの土間から床に上がる際、その床の端部に設けられた横材の事。
この上がり框の設置には、靴を脱ぎ履きする日本の文化が大きく影響しており、建築基準法では
床下の防湿処理が十分でない場合、建物床面の高さを地面から45cm以上確保するよう定められている。
この45cm程度の段差は、車いす利用者の座面の高さと同程度であり、移乗しやすいとも考えられる。


2017年4月25日プラスタ福祉カレッジ運営スタッフ01
カテゴリー:プラスタ福祉カレッジからのお知らせ

このページの先頭へ