介護職員初任者研修講座受講生募集中!開講キャンペーン特別価格で受講できます。埼玉県熊谷市のプラスタ福祉カレッジ

プラスタ福祉カレッジからのお知らせ

脊柱管狭窄症の特徴

今日の教室 先生の一言

今日の用語 『脊柱管狭窄症の特徴』
脊髄を保護する脊柱管が、様々な要因で狭くなり、脊髄神経を圧迫して起こる疾患群の総称を
脊柱管狭窄症と言う。
症状は、足の痛みやしびれ・腰痛・間欠性  などで、頸部に起こった場合は、左右の手足のしびれの他、四肢麻痺となる
事がある。


2016年4月6日プラスタ福祉カレッジ運営スタッフ01
カテゴリー:プラスタ福祉カレッジからのお知らせ

このページの先頭へ